低用量ピル通販で女子力UP

低用量ピル通販で女子力UP   >  低用量ピルは不妊予防になる

低用量ピルは不妊予防になる

低用量ピルで不妊予防

低用量ピルは主に避妊目的で飲まれるものですが、服用している方の中には将来的に子どもを設けたいという方もいるでしょう。

実は、低用量ピルには不妊を予防する効果もあるのです。
不妊に悩む事態に陥らないように、今のうちに低用量ピルで不妊予防を行いましょう。

子宮内膜症で不妊になる

子宮内膜症を放置しておくと、子どもができない身体になってしまいます。
これは、子宮外で増殖した子宮内膜が癒着を起こして卵管をふさいでしまい、受精や着床を妨げてしまうからです。

なかなか妊娠できないと悩んでいる女性の中には、子宮内膜症にかかっていることに気付いていない方もいるようです。

症状が軽ければ自然に妊娠することも可能ですが、病状が進むと不妊治療が必要になります。

子宮内膜症を予防する効果

子宮内膜症とは、本来は子宮でのみ生成される子宮内膜が子宮の外でも作られてしまう病気です。

子宮内膜症の原因として、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が異常な状態になっていることが挙げられます。

低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれているのですが、人工的にこれらのホルモンバランスを整えることで、エストロゲンの分泌量を減少させることができるのです。

将来子どもを授かるために低用量ピルを服用しよう

今は子どもが欲しくないという方も、避妊目的と併せて子宮内膜症の予防目的でも低用量ピルを飲んでいると、将来不妊に悩む可能性が低くなります。

日本では子宮内膜症を患う女性が増えており、全国で200万人以上が子宮内膜症を発症していると言われています。

子宮内膜症で不妊に陥ると、高いお金を払って不妊治療を受けることになるかもしれません。
そういった状況を避けるために、低用量ピルを継続的に服用することをお勧めします。